妊娠中に骨盤ケアが必要な理由【浜松市西区の妊婦マタニティの腰痛・恥骨痛なら】

妊娠中に骨盤ケアが必要な理由

 

こんにちは、看護師 平塚真理子です。

 

『骨盤ケア』という言葉を聞いたことはありますか?

 

今回は、骨盤についてのお話をします。

 

骨盤というのは、腰回りにある骨の集まりです。

 

腸骨・恥骨・坐骨・仙骨という骨で構成された部分を「骨盤」と言います。

 

妊娠中は、この骨盤が身体だけでなく子宮を支えてくれるのです。

 

子宮と骨盤は、卵とエッグスタンドのような関係です。
子宮が卵で、骨盤がエッグスタンドだと思ってください。

エッグスタンドは、卵の大きさによって広がることはありませんが
骨盤は、骨と骨の隙間(=関節)がありますので
子宮の重さによって広がる(=緩む)ことがあります。

 

骨盤が緩むことによって、腰痛や股関節痛が出ることもあります。
また、緩むということは、子宮が下がるということです。

 

子宮が下がることによって
頻尿・尿漏れ・便秘・切迫早産などのトラブルが生じることがあります。

 

骨盤が緩まなければ、子宮が下がることはありませんが
残念ながら、現代の女性は、骨盤が緩みやすい身体になってきています。
その最大の理由は生活の変化です。

 

骨盤を緩ませないためには、骨盤周囲の筋肉が大切です。
重力によって下がりやすい子宮を支えてくれるのは骨盤ですが
骨盤を支えてくれるのは筋肉です。

 

昔の女性は、農作業や家電のない家事を行うことで、腰回りの筋肉がしっかりしていました。
車社会になり、家電が流通したことにより
筋肉が十分に発達せず、骨盤を支えきれなくなっている女性が増えています。

 

ですから、妊娠中は特に、
*歪んだ骨盤を整えて
*下がった内臓をあげて
*ゆるんだ骨盤を支える

 

という「骨盤ケア」が必要なんですね。

 

くれぐれも腰が痛いからといって手軽なマッサージで治そうとしないでください。
施術した後は一時的に楽にはなりますが、根本的に治ることはありませんのでご注意が必要です!

 

本気でその痛み・不調を治したい方はこちらから↓

産後骨盤矯正マタニティ安産整体

(現在初回WEB割実施中!!!)

===================
「腰痛・恥骨痛」本気で治したいけど、忙しいあなたのために
LINE@から無料相談 24時間実施中!
浜松市の妊娠中(マタニティ)・産後の腰痛・恥骨痛・シビレ・頭痛・膝痛は
お気軽にご相談ください。
↓↓

(もちろんLINE@登録のみでも大丈夫です(^^))

===================

ブログを見たという方は1日1名様限定
初回15000円→2980円です!!LINE@または
お電話 053-592-8118
までお気軽にお問い合わせください!!!
(施術中は基本留守番電話になっていますので
お名前・電話番号・ご希望の予約日時をお入れ下さい
折り返しかけなおします)